【ニュース見出し訳】日本の美術業界は「慰安婦」炎上後の政府の助成金交付取り消しを非難した

カテゴリー newsreading

mainichi.jp

見出しで注目したいのは「for」

Japan art world condemns gov’t agency for pulling grant after ‘comfort women’ blowup

このforは、「(〜を求めて)〜の為に」というよりも、「〜に対して」という、範囲に焦点が当たった用法に見えます。

  • 日本の美術業界は「慰安婦」炎上後の政府の助成金交付に対して(対象)非難する。
  • 日本の美術業界は「慰安婦」炎上後の政府の助成金交付の為に(利益)非難する。

この二つだと、ずいぶん印象が違います。やはり、「〜の為に」とか「求めて」とかになると、ちょっと嫌なニュアンスを帯びてしまうように思います。だから、このforは前者の使い方だと思います。ちなみに、後者の利益を求めるforの場合は、

It is good for your health.

のように、具体的な利益が出る傾向にあると思います。

最終的に、前者の「〜の為に」だとくどいので、単純に「〜を」としました。また、見出しなので現在形ですが、日本語の見出しでは過去形がしっくりくるので過去形にしてみました。

☆condemn 他動詞 非難する

☆gov’t agency gov’t はガバメントの略ですね。政府のことです

☆「取り消し」について。本文では「the withdrawal」援助の取り消し、と、言ってくれています(言い換えるとthe withdrawal of the support)。見出しは短くしないといけないので、取り消しとは書いていませんが、問題は取り消しについてだったので、日本語では取り消しという語を入れて見ました。

☆comfort women 慰安婦 ただ、ここでは慰安婦像をモチーフとした作品の展示を巡る一連の問題・事件・運動などをひっくるめています。「慰安婦像炎上事件」とかにしてもいいかもしれない

☆blowup 他動詞+副詞 爆発する →これは炎上でいいと思いました

・the embattled Aichi Triennale 2019 このembattled なのですが、普通に受け身の分詞ではあるのですが、①戦備を整えた ②<人が>(絶えず)悩まされる・嫌な思いをさせられる という意味があり(他にもある)、②を当てはめると思います。ただし、「嫌な思いをさせられる」ではないと思います。「悩まされた芸術祭」とかが丁度良さそうです。

・which is still running despite furor over a “comfort women” statue that led to the closure of a freedom of speech exhibit.  今もなお炎上し「慰安婦像」表現の不自由展を閉鎖に追い込み、今もなお炎上している「慰安婦像」ということ。こうやって読むと、あくまでも一つの作品を着火点として燃え上がった問題に悩まされている芸術祭の助成金の取り消しに対して、日本で次々に運動が起こっているということがわかります。そして、芸術監督の素性がどうだとかそういう話は出てこない、非常に冷静、読みやすい。でも、こんなに客観的に記述しても、「展示中止に追い込んだのはそもそも慰安婦像なのか?」とか、いろんな疑問が出てきます。見方によって本当に変わる問題ですね。

・furorはdespiteが前にあるので、名詞用法だと思います。ただ、可算名詞か不可名詞か、どっちでもいいはずなので、この場合は不加算なのかもしれない。furorはViolent anger or frenzyと書いてある通り、激怒と訳していいと思うのですが、どうせ(どうせ)英語の同じ語を嫌う習慣でfurorを出しているだけ(だと思うので)なので、「炎上」でいいんじゃないでしょうか。間違っても、興奮とか大騒ぎとは違うと思います。

・led to は導く感じで、「to」がそもそも「→」のイメージだとラジオ英会話で学んでいるのですが、引き起こすイメージが続く文章ですよね。sprung up(引き起こる・沸く)とかも出てきています。いろんなことが引き起こっている。

・in front of the gate 門の前で

・in response to これも矢印のイメージですね。〜に応じてという感じです。

・petition は、今twitterなどで拡散されているchange.orgのインターネット署名のことを指していますね。

・署名運動(インターネット上)についてを中心に、時系列に沿ってあったことを伝え、識者の意見を掲載しています。

こんな感じでしょうか。

ちなみに、続報も出ています

mainichi.jp

こちらの見出しは、「芸術祭実行委員会、慰安婦像の展示の再開に同意」という感じでしょうか。