【ニュース見出し訳】The artist who “spoke” to the dead / A pair of new exhibitions looks at how Spiritualism influenced modern art, and how its followers believed they could contact the dead

カテゴリー newsreading

http://www.bbc.com/culture/story/20191001-how-spiritualism-influenced-modern-art

一対の展示は『スピリチュアリズム』がいかに現代美術に影響を与えたかをそしていかにして死者とのコンタクトを信奉者に信じさせたように見えるかを示しているように見えます

www.bbc.com

スピリチュアリズム、というのはいわゆる造語。

・見出しは「The artist who “spoke” to the dead」で、「死者に『話した』アーティスト」

・A pair of new exhibitions looks at how Spiritualism influenced modern art, and how its followers believed they could contact the dead, writes Kelly Grovier. 『スピリチュアリズム』がいかに現代美術に影響を与えたかをそしていかにして死者とのコンタクトを信奉者に信じさせたように見えるか

・Every age invents the language that it needs. どんな時代であっても必要なことばというものはあり、(それを作り上げるために)人々は投資してきた。

・Posterity will determine what it says about our own era that we have felt compelled to craft such words and phrases as ‘defriended’, ‘photobomb’, ‘flash mob’, ‘happy slapping’ and ‘selfie’. 私たち自身の新しい時代のことを語るために、子孫は決心してきた、造語するしかないと強いられてきた、例えば「defriended(ソーシャルネットワークの友達リストから、ある人を除く)」とか「photobomb(アメリカ合衆国のセレブの間で流行した、他人の写真に写りこむ行為)」とか「フラッシュモブ」とか「 Happy slapping (知らん人への暴行)」と「セルフィー」という言葉をつくることを。

・forebears 先祖

・seances 降霊術の会

・emergence 名詞 出現

・the emergence of a fresh coinage 新しい貨幣制度(ビットコインとか?)の出現

・Dix は1853年に書いている “the Americans have a paroxysm of humbug … at the present time it is Spiritual-ism”. アメリカはに三年ごとにたわごとの発作を起こしている・・・今は「スリピチュアルーイズムさ」と。 paroxysmは可算名詞で(周期的な)発作

・an invisible realm のrealm→自然・可能性 見えない自然 このrealmって、わたしにとっては、人の名前の中に入っている「愛」みたいに、読まなくてもいいんだけど念を込められてる何か自然だったり精神性だったりに聞こえます。

・a fleeting fad つかの間のきまぐれ

・deduction 差し引き 演繹→府可算名詞

・バウハウスのモンドリアンは、オカルトライターのMadame Helenaから「すべてを得た」と告白する

・19世紀と20世紀初頭には、フューチャーペイントとドローイングが 3ダース以上の (つまりかなり多くの)アーティストによって描かれた

・Hilma of Klintについて

・バカでかいというアブストラクトペインティング

・降霊術とかスピなことをしていた

今日はこんな感じで読んでいました。